まずは自分と相手の状態を確認

事故を起こしてしまったら、動揺してしまい平常心を保つのはとても難しいものです。だからといって、何もせずにいると、手遅れになってしまうことがあるので、まずは自分と相手が怪我をしていないか、状態を確認しましょう。相手が意識を失っているからといって、逃げ出してしまう人もいますが、悪事はいつか必ずばれてしまいます。落ち着いて、状態を確認して、場合によっては救急車を呼ぶなど、適切に行動するようにしましょう。

どんな状態でも警察を呼んでおこう

事故の状態を確認して、運よく怪我もなく、車の傷などもほとんどなかったとしても、必ず警察は呼んでおきましょう。基本的に、示談等の民事の交渉になった時に警察は介入してくれませんが、事故の後に警察を呼ばないと、あとから後遺症が出て来たり、その場ではわからなかったが頭を打っていて、死亡してしまった、というときに大変なことになります。どんな事故でも必ず警察を呼んで、警察が来たという実績を作っておきましょう。

保険会社に連絡しよう

上記の二つのことを済ませたら、自分が入っている任意保険の会社に電話して、どうしたらいいのか、指示を仰ぎましょう。交通事故の補償や慰謝料の交渉というのは、自分が被害者でも、加害者でも、素人が下手に手を出すと、時間ばかりかかってこじらせてしまうだけですし、精神的、肉体的にもつらいものです。可能な限り保険会社にお任せして、どうしても納得いかない時にだけ、自分で直接交渉するなり行動をするようにした方が良いでしょう。

平穏な暮らしを突然襲う交通事故、どんなに気をつけていても被害者となる時は存在します。交通事故は、基本的に当事者同士の問題であり、保険会社を交えた示談交渉で解決を図るものですが、提示された示談条件に納得がいかない場合は、法的解決を目指すことになります。交通事故の弁護士このような場合の強い味方です。実績が重要な世界であるため、選定に当たっては十分な時間をかけることが肝要です。