夫婦のどちらにもよい発想がない

子供の命名はその子の人生を決めうる大事なプロセスです。そのため、できるだけ良い名前を付けてあげようと夫婦が一丸になって考えるものです。しかし、あまりに重要なことだと考えてしまって夫婦のどちらからもこれだという発想が浮かんでこないこともあります。そういったときにはその子の祖父母にあたる夫婦の両親に相談してみるのが先決です。自分達の命名をしたときに何を考えたかを聞いたり、具体的な提案を聞いたりすると発想が浮かんでくるでしょう。

夫婦で違う意見が出て論争になった

子供の名前を決めたいと誰もが思うものであり、男の子が生まれたらこの名前、女の子が生まれたらこの名前と早くから思い描いていることもよくあります。それが夫婦間で衝突してしまうことも珍しいことではなく、互いの主張が強いときには論争にすらなってしまうでしょう。そういったときにはまだ男女のどちらかがわかっていなかったら、男の子だったら妻、女の子だったら夫の意見を採用するといったように子供の性別で分けてしまうのが良い方法です。性別は偶然によって決まるものでありながら既に決まっているものなので運命として受け入れられるでしょう。

あまりにたくさん思いついてしまって選べない

発想力の良い夫婦ですと、あまりにたくさん子供の名前が思いついてしまって選べなくなってしまうこともあります。どれも魅力的に感じられてしまって次の子供が早く欲しいとすら思ってしまうかもしれません。そういったときに一つを選ぶには占いを利用するのが簡便で納得のできる方法となります。姓名判断をお願いしてこれから生まれてくる子供に最も良い名前を選んでもらうのです。命名という儀式的な場面だからこそ占いも雰囲気によく合い、普段は占いを信じないという人でも信用する気持ちが生まれてくるでしょう。

子どもには幸せな人生を歩んでもらいたいという思いから、子どもの名づけの際に姓名判断を利用する方が多いです。